筋トレ 有酸素運動

こうでなくっちゃ!筋トレと有酸素運動の取り入れ方!!

 

 

元々、筋トレを少しでも行っていて、
脂肪はあんまりついていないと言う人と

 

お腹周りに脂肪がタップリついて、
それをどうにかしてカッコイイ体型を作っていきたいと言う人がいると思います。

 

 

 

そんな時、お腹周りに脂肪がタップリついている人は
“有酸素運動”を取り入れると効果的と言われています。

 

ここでは、“筋トレ”と“有酸素運動”の上手な取り入れ方をお伝えしていきますね♪

 

 

 

 

 

筋トレと有酸素運動の違い

 

 

【筋トレとは】

 

筋トレとは“無酸素運動”のことで、
体内にある“グリーコーゲン”と言う糖分をエネルギーとし、
“酸素”をエネルギーとして行うものではありません。

 

例えば、スクワットや腹筋、などを言います。

 

 

また筋トレをすると“筋肉量”が増えるので、“基礎代謝”が上がります。

 

基礎代謝が上がると、脂肪が燃えやすくなるので、
お腹周りの脂肪を落とす為にも筋トレは効果的と言えます。

 

 

 

【有酸素運動とは】

 

有酸素運動は無酸素運動よりも“脂肪燃焼”が高い、
と言われますが、筋肉の成長には影響を与えることありません。

 

 

有酸素運動と言えば、ウォーキング、ジョギングがありますが、
膝を痛める事もあり、ダイエットに効果的と思えない場合もありますが、
“筋トレと組み合わせる”ことでより効果的に脂肪を燃やすことが出来ます。

 

 

 

 

筋トレと有酸素運動の順番は?

 

筋トレはエネルギーとして体内の“グリコーゲン”を使います。

 

ですから、筋トレ後の体の中は糖が少ない状態になっています。

 

 

有酸素運動は糖分と脂肪をエネルギーとして行うため、
筋トレ後は体内に糖分が少ないので、“脂肪が燃焼しやすい”体になっています。

 

 

また、筋トレ後は“新陳代謝”も高くなっているので、
脂肪が燃えやすい体になっています。

 

つまり、筋トレ後に有酸素運動を行うと、
脂肪燃焼効率が上がるのでお腹周りの脂肪を効率よく減らすことが出来るというわけです。

 

 

筋肉が成長する事で、“基礎代謝”が上がり、
太りにくい身体にするためにも筋トレをした後に有酸素運動をするのが効果的と言えます。

 

 

 

 

 

筋トレと有酸素運動を行うとき気を付けること

 

 

【長い時間行わない】

 

長い時間運動をしていると、ストレスホルモンの一種で、
筋肉の分解を促す「コルチゾール」が分泌されてしまいます。

 

筋トレや有酸素運動でせっかく筋肉を付けても、
筋肉が分解されてしまえば、トレーニングの意味がなくなります。

 

 

【エネルギーをきちんと補給する】

 

 

筋トレを行うと糖を使い、その後の有酸素運動で残っている糖と脂肪を燃焼するので、
多くのエネルギーを使いながら運動することになります。

 

 

もし、体に十分にエネルギーがないと、
“筋肉を分解”してエネルギーに変えてしまうので、
せっかく運動して筋肉を付けても意味がありません。

 

 

つまり、“栄養バランス”の良い食生活をおくり、
トレーニング前には、エネルギーの高い食事を摂ったり、

 

トレーニング中にもエネルギーを補給して
エネルギーが不足しないようにする事が大切になってきます。

 

 

 

◎まとめ

 

筋トレと有酸素運動を組み合わせて行うとより
効率よくボディメイクが出来る事がお分かり頂けたと思います。

 

 

そして、トレーニング途中で
補給する栄養素として、今話題の“HMBサプリ”があります。

 

トレーニングして壊された筋肉に、
スピーディーに栄養素を届ける事が出来るんです。

 

 

この様なサプリを摂り入れながらトレーニングをされると、
もっと効率よく筋肉を鍛える事が出来ます。

 

 

しかし、最初から時間を長くしたり、
大きな負荷をかけて筋トレしたりすると、
逆にケガをしてしまう可能性があります。

 

つまり、普段から筋トレも運動もしていない、
と言う人は“短い時間”“少ない回数”で行い、
慣れてきたら徐々に増やしていくことをお勧めします。

 

 

>>金剛筋HMBの激安ならまずコチラを確認!